ファンブックという社名に込めた想い

本日、ファンブック株式会社は設立からちょうど1年を迎えました。

こうして最初の1年を生き残ることができた私は、なんというか、幸運だったと感じています。人の支えに恵まれ、素晴らしい仕事にも恵まれてきました。この受け取った恵を、何倍にもして社会に返していきたい。引き続き、精進して参ります。

さて、事業として順調にスタートできたことですので、改めて、ファンブックという社名に込めた想いを綴ってみようと思います。

「ファンブック」に込めた想い

ファン = 夢中になること

「ファン」は、楽しむ、好きという意味です。
それも「熱狂的なほどに」「夢中になる」というような強いパワーをイメージしています。

「楽しむこと」「好きなこと」、それが人の力を引き出すと信じています。

人がイキイキと活動している状態、それが「ファン」です。

私も、何かに夢中になっている時、最も幸せを感じます。そして、自分の生きる意味をも感じるのです。

ブック = 人の想いを繋ぐ媒体

私は本が好きです。

本には人の想いや願いが凝縮されている。
そして本は、人の想いを繋いでいく媒体です。

本によって、私たちは場所や時を超えて、想いを繋いでいくことができる。

私も本から、多く人たちの想いを受け取ってきました。
私が挑戦するとき、悩んだとき、逃げたくなるとき、偉大な人たちの想いが私を助けてくれます。

本もまた、人の力を引き出してくれるアイテムだと思うのです。

ファンブックは、人の想いを集め過熱させるアイテム

人それぞれが、好きなことや、やりたいことに夢中になれる場を創り、そしてその想いを、繋いで、広げていく。そんな役割を果たしたい。

人の想いが集まり過熱するところに、ファンブックがある。

そんな社会への貢献の仕方をイメージして、「ファンブック株式会社」をスタートしました。

※おまけ
ファンブックに込めた意味は上記の通りなのですが、実は「ファン」も「ブック」も私の好きな言葉なのです。会社名は何度も何度も口にすることになるだろうから、口にするだけで気分が上がるような、好きな言葉を選んだ。そんな理由もあったりします。

謝辞

創業1年目という不安定な時期を、6社のお客様に支えていただきました。私を信頼していただき、お仕事を任せていただいたことを、改めて深く感謝しています。お名前は挙げませんが、お一人お一人のお顔を思い出しながら、この記事を書いています。

私自身も、皆様の「想い」に共感し、その夢にご一緒させていただくことができました。それが何よりも楽しくエキサイティングで、夢中で仕事に没頭する毎日です。

想いを共有するパートナーとして、これからもどうぞよろしくお願いします。

ファンブック株式会社 代表取締役 伊藤真之

投稿者プロフィール

伊藤真之
伊藤真之代表取締役
1983年生まれのパラレルマーケター、そしてコミュニティ研究家。
マーケティングや共創を目的としたコミュニティデザインの方法論を研究開発する傍ら、自身では宇宙ビジネスの実践コミュニティ「ABLab」を主宰。人が動き出す、コミュニティ創りを実践する。複数の企業をコミュニティとマーケティングで支援する雇われ侍。コミュニティは人の力をつなげ、世界を前進させる。クラフトビールならやっぱりIPA。